ケミカルピーリングはにきびや毛穴に効果あり

毛穴の引き締めや、にきびの改善にケミカルピーリングは使われています。具体的に、ケミカルピーリングとはどのような美容施術のことなのでしょう。

専用の薬品を顔につけることで、古くなった角質層を取り除き、つるつるの皮膚にすることがケミカルピーリングの方法です。角質層が除去されるとくすみも目立たなくなり、毛穴の皮脂汚れや老廃物も取り除くことができてお肌がきれいになっていきます。お肌にケミカルピーリングをすることで、肌のターンオーバーが行われやすくなり、新しい皮膚が表に出てきます。28日ごとに新しい皮膚がつくられるのが、一般的なターンオーバーです。しかし、年齢やストレス、紫外線などの影響でターンオーバーの周期が乱れることがあります。顔の一部だけ、ターンオーバーがうまくいかないこともあります。角質層が部分的に厚みを持つことで、にきびがふえたり、肌のざらつきがひどくなったりします。ターンオーバーが乱れると新しい肌がつくられにくくなりますので、古い皮膚が表皮に残ってしみやくすみ、しわ、にきびなどの原因になります。肌のシミはメラニン色素が集まったものですが、肌の代謝が順当にいっていれば、古い皮膚と共に体から剥がれます。ケミカルピーリングを行うことで皮膚のコラーゲンをふやしたり、しみやくすみの元になるメラニン色素を作りにくくすることができるため、美肌効果に役立ちます。
ハリシュ,効果,口コミ