顔たるみが起こる原因と解消方法について

顔のたるみにはいくつかの要因がありますが、肌が乾燥して弾力を失うことと、表情筋の弱体化が主です。表情筋は顔の全体を覆っており、目元や口元を動かす時に使われていますが、それだけでなく、顔の表面を覆う皮膚を保持する役割も担っています。

普段から会話をすることが少ない人や固いものはあまり食べない人は、表情筋が衰えやすいので顔のたるみには注意が必要です。日頃使う機会が少ない表情筋を積極的に使うことで、皮膚を支える力を高めることが可能です。あ、い、う、え、お、の5音を、口をはっきりと動かしながら発声することで表情筋は鍛えられます。声を出すと都合が悪い人は、声を出したつもりになって口の動きだけを練習してみるといいでしょう。食事の時には、一口一口をきちんと噛んで食べることで、顎の筋肉を使う機会を増やし、表情筋の強化ができます。筋トレは、しすぎると筋肉の疲労を招いていまい、顔のたるみが解消せずに、逆にたるみがひどくなることもあります。コラーゲンは年齢と共に減少していくものですが、顔のたるみができてしまう原因でもあります。コラーゲンが多い皮膚はしっとりとしてハリがあり、重力に関係なく引き締まった状態を保てますが、コラーゲンが足りないと皮膚のたるみが目立ち始めます。サプリメントでコラーゲンを摂取することで、食事だけでは不足しているコラーゲンを手軽に補うことができるので、肌の調子を整えるためによく使われています。大した手数を要さず、身体が必要としているコラーゲンを簡単に体内に取り入れられることが、コラーゲンサプリメントのいいところです。
糖質プレミアムダイエットの効果