にきび痕の治療方法

にきび痕の治療方法は、にきびの状態によって違ってきます。同じにきび痕でも、色素沈着しただけで、とくにでこぼこしていないにきびの場合は、美白効果があるローションが役に立ちます。

色素沈着程度であれば、美白に使えるローションをしばらくつけるようにしましょう。にきび痕専用のローションもありますので、にきび痕が残ってしまったと感じる人は利用してみてください。イオン導入や、ケミカルピーリングでにきび痕を目立たなくするという治療方法もあります。お肌の再生を活発にするというものです。一度限りでは目立った効果が確認できなかった場合でも、繰り返し行うことで顔全体のフェイシャルケアが可能になります。にきび痕でも、クレーター状になっている場合もよくあるケースです。にきびによって過剰に分泌されたコラーゲンの線維が癒着して固くなって、皮膚がクレーター状になってしまうのが原因です。レーダー照射や、フォトフェイシャルは、気になるにきび痕を治療し、目立たなくするために使われる方法です。にきび痕が悪化して、ケロイドのようになっている時には、副腎皮質ホルモン剤であるステロイド軟膏を利用することがあります。やけどの治療に対してもステロイドは用いられることがあります。皮膚がひどく損傷した場合には、ステロイド剤は役に立つ薬だと言われています。自力ではケアしきれないにきび痕もありますので、1人では手のつけようがない場合は、皮膚科で診察をしてもららうといいいのではないでしょうか。
スラリオ 効果