目の下の脂肪注入でクマを解消

目の下のクマを、脂肪注入で解消するという施術を知ってしますか。人間の目の下には、脂肪がたまりやすいところがあります。脂肪の重さで皮膚がたるむと、黒い腺が涙袋の辺りにできてしまいます。

もしも、目の下にできるクマを解消したいのであれば、くぼみができている部分に脂肪を注入するという美容施術が有効です。目の下の皮膚に弾力性が戻り、たるみをなくすためには、脂肪吸引手術が有効なのです。目の下にできているたるみの脂肪を、そのままクマ消しの脂肪注入手術に使ったりします。目の下のたるみ部分にある脂肪だけでは足りない人は、太ももなどから採取します。施術を行った場所が、2日~3日程度は、痛みが継続する可能性があります。また、脂肪を取り出した場所については、7日くらいは痛いままです。事前に痛み止めをもらっておけば、痛みが続く時でも、家庭で対処することができます。人によっては、脂肪注入をした場所が、3日くらい腫れますので、気をつけましょう。患部の内出血が出る人もいますので、メイクでわからないようにしておけば、1週間くらいで元に戻ります。顔を洗ったり、シャワーを浴びたりはその日じゅうにできます。施術日翌日はメイクも普通にできます。人と会う時に、不審に思われることはないでしょう。後々のトラブルに対処しきれなかったということがないように、カウンセリングでわからないことは確認しておきたいものです。脂肪注入をして、目の下のクマをなくすという美容手術は、クマのない顔になりたい人におすすめです。
エクスバリア体験セット