美容皮膚科で行うフェイスリフトの内容について

口もとや目もと、顎の下、目の下の皮膚のたるみ解消がフェイスリフトにつながります。メスを用いた手術で皮膚のたるみを取り除く場合、5時間程度の手術の後、包帯で止血して、しばらくは回復を待たなければなりません。整形手術の内容によっては入院しなければいけないこともありますし、包帯はしばらく取ることができません。

手術痕が残る可能性があることも、フェイスリフトを受ける時は考慮しなければいけない点です。やり直しのきかないフェイスリフト手術を受ける場合、信頼のできる医師に手術をしてもらうことも、納得のいく効果を得るためには重要です。と施術前のカウンセリングも納得のいくまでできるような人を探し、アフターケアについても調べておきましょう。手術まではいかずとも、日々のお手入れによって、フェイスリフト効果の高いスキンケアを続けたいという方もいるようです。顔の皮膚がたるむのは、表情筋が弱まっているせいでもあります。表情筋は、表層の皮膚をキープしている部位でもありますが、年をとって筋力が弱くなると、皮膚が自重で垂れさがりやすくなります。普段から、表情筋のエクササイズをして筋力の衰えを防ぐことで、皮膚のたるみを予防することが可能になります。口を動かす筋肉は、噛みごたえのある食事を摂ることで、適度な負荷をかけることができます。かむ必要がないようなやわらかいものしか食べないでいると、口の筋肉が弱くなる原因になります。この他には、ホームケア用の美顔器で肌をケアすることで、フェイスリフトを目指すという手法もあります。
小顔プラス