美白には紫外線対策と化粧品選びが大切

お肌の白さを維持するには、紫外線対策が重要になります。紫外線から肌を守ることが、美白ケアの基本といえるでしょう。紫外線を無防備に浴びてしまうと、肌内部でメラニンの生成が促されて、シミやくすみの原因になります。

日焼け止めを塗る、帽子をかぶる、日傘をさすなどして紫外線対策をすことは、美白のために必要なことです。紫外線に対する備えは、年間通じて行うようにしましょう。たとえ夏でなくても、太陽が見えない曇りの日でも、紫外線は地表に届いているためです。シミやくすみを作らないためには、美白化粧品を使用したケアも効果的です。シミやくすみの原因になるメラニン色素の生成を抑え、既にあるシミを目立たなくする効果が、美白化粧品にはあるといいます。ビタミンC誘導体と、ハイドロキノンが、美白効果がある成分として注目を集めています。ハイドロキノンは肌への刺激が強いので、ケアをする際には化粧品に配合されている濃度に気をつけるようにしましょう。メラニンの生成を抑制する美白成分としては、アルブチン、トラネキサム酸、カモミラET、コウジ酸などの成分があります。美白成分によっては、今できているシミを減らすことは難しいけれど、今後シミになるメラニンが増加しないようにできるという性質を持っています。美白化粧品を使用しても変化を実感できないのは、肌の悩みにあった化粧品を選んでいない可能性があります。美白化粧品を選ぶ時には、使われいる美白成分をチェックして、自分の希望に即しているかを判断する必要があります。
ベルブラン ニキビ跡