カテゴリー別アーカイブ: 健康

減量に至極重要といわれる実践の振る舞いに関して

運動量が充分でないことなどの理由で脚部の筋肉が衰えて来たら、散策場合入り用となって生じる、大股が容易ではありません。365日の足取りを減量へ結び付けるためには、筋力を同時に向上させる事が要所だ。ストレッチング等により補足するといったいいはずだ。 続きを読む 減量に至極重要といわれる実践の振る舞いに関して

40代、50代でも身体つきや筋肉の付き方は自分で変えられます。若さやいきおいでは痩せなくなった貴女もぜひ歩きませんか?

五年前までなら、デザートを抜いたり、少しご飯の量を少なくするだけで体重が減ったもの。 続きを読む 40代、50代でも身体つきや筋肉の付き方は自分で変えられます。若さやいきおいでは痩せなくなった貴女もぜひ歩きませんか?

年を取るのは嫌だけど若くなりたいからと言ってやり過ぎは「若作りしてる」と皮肉を言われるのは悲しいかもしれないです

年を取りたくないなと30歳近くになって思いました。頑張って若作りしないと老ける一方だと焦っていた時期もありました。その頃から化粧品やスキンケアの仕方やメイクの仕方を自分で調べながら調節していきました。 続きを読む 年を取るのは嫌だけど若くなりたいからと言ってやり過ぎは「若作りしてる」と皮肉を言われるのは悲しいかもしれないです

勃起のメカニズム

ペニス本体はいうまでもなく海綿体です。海綿体というのは、ほとんど動脈と静脈が二本並びながら絡み合っている細かい血管のかたまりで、構造はこのように比較的に単純です。まずペニスの中身ですが、ここには尿道海綿体とその上部両側に二本の陰茎海綿体の三本で構成されています。陰茎海綿体には、動脈と静脈が入り交じっています。海綿体の中の細かい動脈の血管壁は、平滑筋という筋肉で構成されています。平滑筋が弛緩すると、その動脈が拡張してそこに血液がドっと流れ込んで膨らむのです。
本来ならば、動脈に入り込んだ血液は静脈を通じてペニスから出ていきますが、動脈の膨張で、並行して流れている静脈が圧迫されて、戻るべき血液の流れが止められてしまいます。要するに、ペニスに流れ込んだ血液は一方通行の状態になります。これによって、ペニスの膨張状態が維持されるのです。これが勃起なのです。ここで重要なのは、平滑筋がどうして弛緩するのか?どうやったら弛緩させることができるのかということです。
徳田重男の公式サイト

脂肪細胞の活性化による痩せる体づくり

ダイエットを成功させて体重を減らすことが、肥満体型を脱却するためには必要不可欠なことです。

脂肪を燃やすには、脂肪細胞の作用がとても重要です。

脂肪細胞は人間の体内では2種類存在しているといいます。

脂肪を貯め込む白色脂肪細胞と脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞があります。

続きを読む 脂肪細胞の活性化による痩せる体づくり

仕事でカラダが不調になる前に

私は、事務職なので朝8時半から5時過ぎまでパソコンとの格闘です。そして、夏は事務所が暑いためクーラーをガンガンかけており、冬になると暖房はついてますが、足元がとても寒い状態です。そのせいか、体がどんどんと年のせいもあるのか、ガタガタになり筋肉も少ない為体のあらゆるところが不調になります。
続きを読む 仕事でカラダが不調になる前に